和服を使った新しいスタイリング

Lati Japo飯嶋です。

先日、日本の19歳のアーティストvaundyさんのMUSIC VIDEOの

お仕事をさせていただきました。『しわあわせ』という曲なのですが

スケールが大きく強いメッセージがある素晴らしい楽曲で、監督の

児玉さんからはどこの国か分からないようにしてほしいとリクエストを

いただきました。



https://youtu.be/JwmGruvGt_I


何名かのキャストの衣装をスタイリングしたのですが、 2名の男性を

着物を沢山手掛けていらっしゃる、大塚満さんにご協力いただきとっても

素敵なスタイリングに仕上げました。

まずは、こちらの虎の毛布を使用して制作されて※陣羽織(じんばおり)

大塚さんがオリジナルで制作したもので、誰も見たこともない迫力!!!

こちらに、タイの民族衣装、パラシュートの廃材、靴にはスノーボードの

シューズカバーなど、奇想天外に組み合わせてみました。

この陣羽織はかなり重いのですが、俳優のkentoさんが見事に着こなしてくれました。

Kentoさんも衣装をめちゃくちゃ気に入っていてくれて、和装の可能性を強く感じました。


※陣羽織は、安土桃山時代以降、戦国武将が甲冑の上から着るようになった着物の一種。




もう1名、鍛冶職人役のダンサ KOさんが着用した※直垂(ひたたれ)という着物と袴もグラデーションの染めが美しく、そこにベビーバギーをリメイクしたショルダーギアをつけて、未来的なイメージで

時間軸をめちゃくちゃにしてみました。


※直垂は、主に武家社会で用いられた男性用衣服。日本の装束の一つ。




このように、伝統的な着物と現代の面白いアイテムを組み合わせて

ハイブリットなスタイリングをするのは、まだまだ沢山出来そうで追求して

いきたいと思います。いつかメキシコで衣装を展示したりしてみたいです!



0件のコメント

最新記事

すべて表示

Coquetel