top of page

Daoko むすひむすび展 展示会レポート

こんにちは。LatiJapo森本です。


早いもので、開催から既に1カ月ちかく・・・!

本日、会場で公開しておりましたドローンムービー、作品解説などを公開しました。


作品解説ページ


ドローンムービー


展示会の様子についてもこちらでいくつかご紹介していければと思います。



今回のキービジュアルは、アメノウズメさま。

いたるところに登場する「むすひちゃん」は、Daokoさんがむすひむすび展のために描き下ろしたオリジナルキャラクターです。


今回はご縁あり、ありがたいことに  渋谷のshibuya-sanさま  原宿のUNKNOWN HARAJUKUさま

の二会場で作品発表の場を設けさせていただきました。

全く雰囲気の違う二会場で開催させていただくということで、

展示も雰囲気を変えています。


大きな鏡張りと高い天井で開放感のある渋谷会場では、

写真作品の魅力を全面に出した巨大アートワークとオリジナルプリントを。

天井からは今回の作品撮影に利用した衣装をつるしました。








ご来場の皆様は記名いただきましたか?

ご芳名帳の表紙もDaokoさん直筆です。


原宿会場は雰囲気一転、古民家を改装したギャラリーということで、

会場に合わせて作品を掛け軸とアクリルキューブに仕立てて展示いたしました。






古民家ならではの木目の梁や小上がりなどのディティールと、

自然をテーマにしたむすひむすび展の作品がとてもよくなじみ、

リラクシングな雰囲気で作品をご覧いただくことができました。


渋谷会場と原宿会場は徒歩15分程度ということもあり、

両会場をはしごしていただいた方も多くいらっしゃいました。


今回の展示期間は緊急事態宣言下ということでしたが、

本当に多くの方に最大限の注意を払っていただきつつご来場いただきました。

今回はご来場が難しかった遠方にお住まいの方にも、

いつか今回の作品を楽しんでいただけるように、

発表の機会を作れるように願っています。


今回の作品制作の裏話など満載の

Daokoさんと宮原夢画さん、飯嶋久美子の3名で実施した

むすひむすび展特別トークショーについても、近日レポートをお届けします!

0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page